バンザン BANZAN

オンライン家庭教師事業オンライン家庭教師事業

For children all over Japan. 離島の子にも、東京の学びを。

写真

テクノロジーとの融合で、
幸せな教育をひろげる。

Education that makes everyone happy.

東京をはじめ首都圏の激戦区で、有名私立中学〜私立大学〜
医学部へと、多数の逆転合格者を生み出してきました。
ハイレベルな家庭教師の画期的な学習指導法。
これをinternetとweb カメラ& マイクのテクノロジーにより、
日本はおろか、世界のすみずみまで提供しています。
北海道の山奥から沖縄の離島、海外在住者までカバーする
ソーシャルグッドな教育革新です。

congratulations!
Success!

オンラインで逆転合格。北から南から、うれしい声が。

  • 喜びの声1
  • 喜びの声1
  • 喜びの声1
  • 喜びの声1
  • 喜びの声1
  • 喜びの声1
ミッション

Business Mission オンライン家庭教師事業のミッション

全国の子どもに約束する。
教育格差をふっとばす。
地域や収入ハンデによる
アンフェアを、許さない。

READ MORE

日本の教育レベルの下落が、問題視されている。
しかし、下落の原因は、子どものやる気のなさ、なんかじゃない。

子どもたちが住まう地域の格差、通塾時間の格差、
保護者の年収の格差、都会と町村の指導者の質の格差、
家庭環境の格差が、全国すみずみまで広がっていること。

これこそが、教育悪化の根本原因だ。

教育格差を、「仕方がないこと」「解決不能な構造的問題」
とあきらめる社会に、私たちは徹底してあらがう。

「ぼくを通塾させるためにクルマで往復2時間。
お母さんは授業を入れて 4時間クルマの中。
申し訳なくて、勉強に集中できない。」
「早稲田にいきたい。でも、地元の先生が詳しいのは、地元の国立。
不利だけど、自分でやるしかない。」

けなげにつぶやく子どもたちの苦しみを、見て見ぬふりをしてはならない。
教育のチャンスと質のアンフェアを、ひいては社会の分断を、許してならない。

だから私たちは、日本トップの家庭教師を、オンラインで全国の子どもたちとつなぎます。

Business Promise .1 オンライン家庭教師事業の約束 1

For all the troubled children.

どこのどんな子も、見捨てない。
東京から2000㎞離れた島の子も、
バンコクで日本の受験に苦しむ
駐在員の子も。

日本のすみずみまで広くカバーするソーシャルグッドな教育革新です。

  • 教育をガラリと変える、
    8つの革新
  • [1] ご家庭の収入による学習チャンスの格差を、解消します。
  • [2] 東京が独占していたスゴ腕のプロ教師を厳選。低額で指導します。
  • [3] 近所にいい塾がない。いい先生もいない。地域ハンデを解消します。
  • [4] 首都圏最大級の合格実績。そのノウハウをオンラインで惜しみなく。
  • [5] 塾通いの時間ロス、送り迎えの負担を、ゼロにします。
  • [6] 家庭教師を部屋に迎えるお母さんの負担を、ゼロにします。
  • [7] ご家庭でリラックスできる部屋着で勉強。ストレスから解放します。
  • [8] 訪問型と変わりない寄り添い感。高質で親密なコミュニケーション。

Business Promise .2 オンライン家庭教師事業の約束 2

Save the hungry children.

塾がどんどん潰れる地方。
学びは、子どもの栄養だ。
栄養失調をほおっておけない。

READ MORE

地方では塾や予備校の閉鎖が相次いでいます。

少子化などいくつかの要因により、一定数以上の生徒を確保するのが難しくなっているため、地方では塾や予備校の閉鎖が。地方の町は、塾や予備校がひしめく都市部とは、学習環境に大きな隔たりがあるのです。

お子さんをレベルの高い塾や予備校に通わせたいと思えば、遠隔地への通塾、その送り迎え、という精神的・時間的負担を背負わなければなりません。地域ハンデが壁になり、塾通いを断念する子どもも多くいます。

少子化社会ですが、教育ニーズは縮小しない。
新しい教育ニーズが生まれているのです。

全国のお母さま方はいまこう願っています。「家のすぐそばに、ハイレベルな指導者がいてくれたなら、すごくうれしい」と。少子化社会は教育ニーズも少なくなる、というのは真実ではなく、逆にこのような切実な願いを数多く生み出しているのです。

つまり、学びへの期待は決して減退することなく、むしろ少子化と収入格差を背景に、増え続けています。これは見過ごすことのできない社会問題です。

収入も成績も上がらない。が、教育コストは上がる。
地方のそんな苦しみを、解消します。

仕方なく選んだ塾や予備校の集団授業に子どもが埋もれてしまい、成績がなかなか上がらない。そこで、塾の科目数や受講時間を増やす。授業料は高くなるばかりで、そのうえ通塾の時間負担も大きい。つまり、教育コストが跳ね上がってしまって、家庭が重苦しくなっていく。日本全国で、このような深刻な悩みが増加しています。

「オンライン家庭教師サービス」は、この教育格差を解決するために立ち上げたサービス。ネット技術の進展が追い風になっているのは確かです。でも、私たちが自信を持って始められた理由は、どこにも負けない抜きんでたプロ家庭教師の教えがあるからこそ。

地方に住む生徒の部屋と、
日本トップの家庭教師をネットで。

激戦区・首都圏においてトップクラスの教育レベルを、全国すみずみにまでお届けします。たとえ離島であっても、日本トップレベル、東京の一流教師の授業を、まるで隣にいるようにマンツーマンで受けることができるのです。

当社は実際に実験・検証を繰り返し、ネットによる学習効果は、リアルな対面学習と変わりがない、という確証を得ました。生徒からも、「ネットのほうが緊張しないから、集中できる。質問もしやすい」といううれしい声が。お母さんも大きな手ごたえを感じてくださっています。

サービス開始直後より、全国のご家庭から想像以上のお問い合わせをいただいています。沖縄のある離島に住む生徒さんからも、ぜひ継続したいし、島に広げたい、と期待の声をいただいています。オンライン家庭教師の高い学習効果は今後、加速をつけて、全国の地方にポジティブなインパクトを与えていくでしょう。

サービス

SERVICE オンライン家庭教師事業のサービス

Easy way is not good way.

濃い学習指導の
オンライン化だから価値がある。
薄くてお手軽では
成績は上がらない。

READ MORE

近年は通信環境やデジタルデバイスの進歩により、様々なかたちのネット教育を気軽に利用できるようになりました。たとえば、名物先生の授業を集めてオンライン配信。選べる自由があり、確かにリーズナブル。

しかし、単に塾や予備校の集団授業を映像化しただけですから、塾で伸びなかった子がネットに切り替えたからといって、成績は上がりにくい。配信する側も受ける子どもも、省力化でお手軽になりますが、逆に時間を無駄にしてしまったと、バンザンのサービスに飛び込んでくるご家族も少なくありません。単なる省力化やお手軽感で成績が上がるほど、受験は甘くないのです。

合格ラインに届いていない受験生には、そもそも時間がありません。希望校に合格するために、自分には何が足りないのか。限られた時間のなかで、志望校にマッチした戦略を立てて、確実に実行することが何よりも大事です。できれば指導力の秀でたプロの家庭教師をつけて指導したいところですが、ご家族のスケジュールや予算の関係で、難しい場合も多い。

そこで、開発したのが、映像コンテンツ学習のスタディ・タウンや、在住エリア不問のオンライン家庭教師です。無理なくできる。続けられる。時間がない中でもできる。

100人の受験生がいれば、100の状況がある。一人ひとりの状況にあわせて、必要なものを必要なだけ。受験生とご家族の目線でサービス開発をおこなうこと。これまでも、これからも、バンザンの譲れないポリシーです。

Over 20 years we have refined our teaching skills.

20年間かけて培った豊かな土壌があります。

2017年に開始した事業ですが、まっさらな新事業ではありません。事業のコアとなるのは、20年間培ってきた講師の指導力です。

指導力のあるハイレベルな家庭教師の存在は、かつては都心に住まう裕福なご家族だけものでした。日本全国のご家族へ、海外在住のご家族へ、いろんな方にご利用いただけるサービスへと進化しました。

  • テキスト テキスト
  • テキスト テキスト
  • テキスト テキスト
  • テキスト テキスト
  • テキスト テキスト
  • テキスト テキスト
利用者の声

Voice of Customer オンライン家庭教師事業利用者の声

オンライン家庭教師の授業を受けた
生徒さんに、感想を聞きました。

Next Contents

  • 事業とサービス

  • 家庭教師事業

  • スタディ・タウン事業

gotop